ABOUT住冷グループについて

グループ理念・沿革

グループ企業理念

冷蔵倉庫を通して、
日本の食文化と物流業界の雇用創造に
貢献する

あなたが日常で感じる幸せのうち、「食べる」ことで感じる幸せは、どのくらいでしょうか?

冷蔵冷凍技術の発達と、流通の整備によって、食材の鮮度を保ったまま全国各地へ配送できるようになり、日本の食文化は、飛躍的に豊かになりました。

テレビやラジオといったメディアに加え、インターネットの発達によって日本の端から端まで冷凍・冷蔵でのグルメのお取り寄せができるようになったり、地場のみで消費されてきた食品が、全国の各家庭の食卓に並ぶようになったり、さらには、輸入食材を使った本格的な海外の味を一般家庭で再現できる時代になりました。

私たちの「食」が豊かになるにつれて、食品の品質管理に関するニーズも多様化してきました。私たち住冷グループは、食品を取り扱う冷蔵倉庫の事業者として、少しでもそのニーズに応えたいという想いで、日々邁進しております。

私たちのような冷蔵倉庫事業者は、大きな物流を支えるごく数本の柱にすぎません。しかしながら、新鮮なものを新鮮な状態で、最適なタイミングで、しかも適正な金額で、安定して届けられるということは、私たちにとって、「多くの人々に幸せな瞬間を提供できること」になるのです。

お客様のニーズに合った最適なサービスや新しいアイデアをご提案するのはもちろんのことながら、「食品の保管」という業務においては、何を差し置いても、地味で単純な業務を日々滞りなく行う誠実さが不可欠です。

設備の点検、保守、荷役、清掃、配車、いずれも単純な作業ではありますが、これらの業務の質を維持しながら、絶やすことなく継続することは容易ではありません。

私たち住冷グループは、1951年(昭和26年)の創業以来、常にこの課題に真摯に向き合いながら、今日まで事業を続けてまいりました。

日々の業務に誠実に取り組み継続する力こそが、私たち住冷グループにとっての誇りであり、今日の住冷グループを支える礎となっています。

私たちは、社員一人ひとりの誠実な努力によって、これからも「冷やす」を通じて豊かな暮らしと幸せに貢献し続けたいと考えております。

ミッション

・住冷グループではお預かりした商品を自社の「財産」と考え、業務に従事する。

・冷力を利用し、食品の鮮度維持及び長期的に質、量、価格の安定供給し、社会に貢献する。

・固定概念を廃し、社員の皆様の発想と提案により低温物流を改善し、日本の「食」に貢献する。

・常に働き方改革を志向し、最適を考え、物流の改善に貢献する。

沿革

1951年1月 住吉冷蔵株式会社 設立
1966年6月 株式会社大貴冷蔵庫 設立
1976年12月 阪南冷蔵株式会社 設立
1979年1月 住之江冷蔵株式会社 設立

CSR・環境活動について