FLOW職種別1日の流れ物流

お客様のその先のお客様のために、最適なサービスをご提供します

ここでは物流の基本的な業務内容と、
1日の仕事の流れをご紹介します。

住冷グループの
物流が
大切にしていること
  • 入庫・出庫の際は検数を欠かさず行い、正確な在庫管理に努めています。
  • 従来の取扱方法に固執せず、棚卸データを元に最適な方法をお客様にご提案いたします。
  • 運送会社様と密に連携を取り、入出庫がスムーズにいくよう心がけています。

主な業務内容

  • 商品の入庫・出庫
    商品の入庫・出庫
  • 入庫数量のとりまとめ
    入庫数量のとりまとめ
  • リフト作業
    リフト作業
  • 手荷役作業
    手荷役作業
  • 検数作業
    検数作業
  • コンテナ作業
    コンテナ作業
  • 在庫管理
    在庫管理
  • 敷地・建物等々の掃除
    敷地・建物等々の掃除

1日の仕事の流れ(一例)

出社
始業時間10分前には出社します。
始業(※)、朝礼
朝礼では当日の作業内容や危険ポイントなど、その日の業務について細かく説明されます。わからないところがあれば、必ず確認・質問します。
午前 リフト始業点検・伝票確認
朝礼後、リフト始業点検を行います。この作業を疎かにすると怪我や事故の原因になります。安全管理の第一歩としてしっかり行います。
前日に出た出庫伝票と、入庫予定・入庫商品の留意点の再確認を行います。
午前 入庫作業
商品の入庫作業が業務の中心に行います。
  • 【外国貨物の場合】コンテナヤードから保税の冷凍倉庫へコンテナを外国貨物の状態で運びます。コンテナから貨物を出し個数確認等を行い、保税の冷凍倉庫にフォークリフトなどで商品を入庫します。
  • 【内国貨物の場合】トラックヤードで待っているトラックから商品を出して、数量確認をして、フォークリフトなどで商品を入庫します。

事前に通関業者からもらっている商品のデータと現物との相違がないか確認後とりまとめ、税関等への報告業務を行います。

午前 小休憩
冷凍庫内での作業のため、午前中に必ず1回以上小休憩があります。小休憩後、昼食まで残りの作業を行います。
午前 入庫作業(続き)
事前に出庫予定を確認してからフォークリフトなどで格納作業を行います。
昼食・休憩
休憩も大切な業務の一環です。午後からの業務に備えてしっかり体を休めます。
午後 コンテナ作業
コンテナ作業が業務の中心になります。コンテナから貨物を出すデバンニング作業のあと、倉庫で一時保管し指定されたところに出荷します。
トラック入庫され倉庫で一時保管された貨物を、フォークリフトなどでコンテナに積み込むバンニング作業を行います。
後作業、退社(※)
次の業務内容を考え、各自が担当箇所の清掃を行います。職場の整理整頓は作業効率と安全管理の向上に繋がります。そのため、常に綺麗な職場を心がけています。

(※)始業・終業時間は各社で異なります。

よくある質問

  • この仕事をする上で辛かったことは?

    商品の置かれている場所が分からなかったり、商品ごとに扱い方や置き方が異なるので覚えるまで時間が要りました。

  • この仕事の魅力を教えてください

    お預かりする商品ごとの回転を考慮した効率の良い配置で、入出庫がスムーズにいったときです。

  • どんなスキルが必要ですか?

    スキルよりまず誰かの口に入る食品を扱っているという責任感を持つことが大切です。その先のお客様を思うことで倉庫内整理にも清掃にも身が入ります。

  • 未経験でもできますか?

    チームスタッフ一同で教えます。未経験でも大丈夫です。

採用エントリーはこちら

住冷グループのことをもっと知りたい

住冷グループの会社

社員インタビュー

社員インタビュー

住冷グループで働く社員に、仕事内容、やりがい、今までのキャリア、入社理由のエピソードなどインタビューしました。営業、物流、設備、また新卒・中途・キャリア復帰からさまざまな社員が登場します。
それぞれの社員がどのような想いで仕事に向き合っているのか、ご紹介します。