FLOW職種別1日の流れ設備保守

安全・安心を支え、“当たり前”を提供する

ここでは設備保守の基本的な業務内容と、
1日の仕事の流れをご紹介します。

住冷グループの
設備保守が
大切にしていること
  • 設備点検を毎日欠かさず行い、目視やメーターの数値を収集して異常の有無をチェックしています。
  • お客様からお預かりした商品の入出庫がスムーズに行くよう、荷役機器の点検を欠かさず行います。
  • 職務に従事する社員が安心して業務を遂行できる、安全で快適な職場づくりに努めています。

主な業務内容

  • 設備備品購入業者選定
    設備備品購入業者選定
  • 経費節減計画立案と推進
    経費節減計画立案と推進
  • 業務改善計画立案・推進
    業務改善計画立案・推進
  • 敷地・建物等々の掃除
    敷地・建物等々の掃除
  • 冷蔵倉庫の設備の保守・修繕
    冷蔵倉庫の設備の
    保守・修繕
  • フォークリフト他の保守・修繕
    フォークリフト他の
    保守・修繕

1日の仕事の流れ(一例)

出社
仕事の準備、確認のため始業時間より少し早めに余裕を持って出社します。
始業(※)、朝礼
朝礼では当日の作業内容や危険ポイントなど、その日の業務について細かく説明されます。わからないところがあれば、必ず確認・質問します。
午前中 機器のチェック
冷凍機の状態、圧力、水温、冷凍機付属設備の数値確認し、毎日日報で報告します。
昼食・休憩
休憩も大切な業務の一環です。午後からの業務に備えてしっかり体を休めます。
午後 入出庫作業、打ち合わせ
午後からは入出庫作業を行います。また、異常・不具合が出ている箇所があれば、修理及び取扱業者と折衝を行います。
午後 後作業
当日分の帳簿類の整理と敷地・建物内の清掃を行います。
退社(※)
明日の出社時に確認することがあればまとめるなどして、スムーズに仕事ができるよう準備しておきます。

(※)始業・終業時間は各社で異なります。

よくある質問

  • この仕事をする上で辛かったことは?

    突発的に機械が故障した時です。冷凍倉庫の作業には無くてはならない物なので、いかなる時でも対応します。

  • この仕事の魅力を教えてください

    通常業務の傍ら機械の修理や保守について自分で調べたり、専門業者の方と話す中で知ることが増えたり、技術や知識が身に付くので常に刺激があります。

  • どんな資格が必要ですか?

    電気設備・冷凍設備の資格が必要です。その他に冷凍機械責任者・高圧ガス製造保安責任者や冷媒フロン類取扱技術者などありますが、業務に必要と判断された資格については取得の支援制度を受けることができます。

  • 在籍中に資格取得は可能?

    入社後、計画的に取得できます。簡単な資格ではありませんが業務に活きる資格ですので、仲間と一緒に取得を目指しましょう!

採用エントリーはこちら

住冷グループのことをもっと知りたい

住冷グループの会社

社員インタビュー

社員インタビュー

住冷グループで働く社員に、仕事内容、やりがい、今までのキャリア、入社理由のエピソードなどインタビューしました。営業、物流、設備、また新卒・中途・キャリア復帰からさまざまな社員が登場します。
それぞれの社員がどのような想いで仕事に向き合っているのか、ご紹介します。