INTERVIEW阪南冷蔵 社員インタビュー

入社理由は? 今の仕事とやりがいは?
4人の社員が、住冷グループについて
本音で語りました。

メンバー紹介
  • 木村竜也

    木村 竜也

    阪南冷蔵
    物流部
    物流

    2016年 入社

  • 東香代子

    東 香代子

    阪南冷蔵
    営業部
    営業サポート

    2005年 入社

  • 布施恵吾

    布施 恵吾

    阪南冷蔵
    物流部
    課長代理

    1991年 入社

  • 宮下真美

    宮下 真美

    阪南冷蔵
    営業部
    営業サポート

    2017年 入社

住冷グループへの入社を決めた理由は?

  • 木村
    木村

    就職活動の際、以前勤務していた倉庫での作業を活かして同じ様な所で働いてみたいと思いました。契約社員として勤務していたが、契約満了に伴い、就職活動を始めました。

  • 東

    初めはパートで入社しました。中々、パートでも仕事が見つからず、幼い子供をシングルマザーで生活していく中で阪南冷蔵の求人を見て応募した結果、採用していただき、約5年間パートにて勤務。後に正社員として勤務し現在に至っております。

  • 布施
    布施

    就職活動の際、親も務めていた事もあり、その時の工場長から誘いを受けました。自分自身も食品にかかわる仕事に魅力を感じ、採用していただき現在に至っております。

  • 宮下
    宮下

    シングルマザーで前職はパートとして勤務しておりましたが、子供達もある程度手が離れた部分もあったので、正社員(契約社員)として就職活動を行っていた結果、阪南冷蔵の求人があったので応募いたしました。

今の仕事内容とやりがいについて

  • 木村
    木村

    現場での物流スタッフとして勤務。冷凍倉庫での勤務は初めての経験でしたが、前職は倉庫での勤務である事から、まずは自分での出来る事から始めていきました。言葉を伝える壁がありますが、みんな最初は戸惑っていたかと思います。けど、勤務していく内に打ち解けていく中で、その壁は打破され、今では一部の倉庫部分を任せていただくまで成長しました。

  • 東

    パート時代から含めて13年の勤務をしております。幼い子供を抱えながら、色々と会社にも迷惑を掛けました。子供も小さかった事から入退院を繰り返す日々もあり、その際にも何かと相談に乗ってくれ、勤務時間の優遇などもしていただきました。正社員になってからは、色々と事務所内での業務をチャレンジさせていただき、自分へのスキルアップの為、今でも挑戦を心掛けております。

  • 布施
    布施

    入社より28年となり主に現場での物流スタッフとして勤務しています。高校卒業と同時に入社物流スタッフとして現場作業(コンテナ降ろし・プラットリフト作業・国内荷物検数・倉庫担当・物流部リーダー・外貨荷物検数)その他にも事務所の作業を覚え、入庫・出庫入力・事務所の流れを覚え作業全体を見るような立場を得て課長代理として、全体をまとめる仕事を行っています。

  • 宮下
    宮下

    間もなく入社1年となります。食品関係の仕事には今までついた事がありません。倉庫の管理などの経験も無く、全くの素人の状態から始めました。先輩から色々と教えていただきながら業務を行っておりますが、入社当初は、その言葉の意味すら解らず毎日が手探りで過ごしておりました。しかし、先輩からひとつずつ言葉の意味を教えていただき、新しい業務もどんどんトライさせていただいております。倉庫管理の仕組み・運送業務においての便手配・輸入貨物の取り扱いの仕方など。現在も日々勉強中でありますが、出来る事からひとつずつこなし、解らなければ先輩に伺いながら行っていこうと思います。

採用エントリーはこちら

住冷グループのことをもっと知りたい

住冷グループの会社

職種別1日の仕事の流れ